はじめに

ようこそ!

このサイトでは、Arduinoでいろいろ作って、遊びたい人のために様々なサンプルを紹介しています。

まずは動画を眺めて、面白そうな作品があったら、配線を参考にArduinoと部品をつないで、サンプルコードを書き込んでみてください。

そして、自分なりのアイデアでコードを書き換えてみてください。

Arduinoプログラミングに必要なもの

ハードウェア

はじめてなら、このキットでほぼ揃います。

Arduino単体なら、これ。
壊れても、交換してもらえますよ!

Arduinoに電子部品を繋げるときに、役立つ部品です。
複数あっても、邪魔になりませんよ。

Arduinoに電子部品を繋げるときに、役立つ部品です。
たくさんあったほうがいいですよ。

ソフトウェア

本サイトでは、下記のソフトウェアの使用を推奨しています。

Arduino IDE

プログラムの作成から、Arduinoへのプログラムの書き込みまで行えます。

BlocklyDuino (Chrome App)

Scratchのように、ブロックを組み合わせてArduinoプログラミングができます。
インターネットがなくても、プログラミングが可能です。

Arduinoプログラミングの流れ

配線&プログラミング

サンプルを参考に、配線とプログラムを編集する。

プログラムの保存

作成したプログラムをローカルPCに保存する。

詳しくは、こちら

Arduino IDEでファイル読込

BlocklyDuino Editorで保存したファイルをArduino IDEから読み込む。

Arduino IDEの外部エディタ機能を有効にすると、一度読み込んだファイルを編集すると、自動的に読み込んでくれるよ。

詳しくは、こちら

ライブラリの追加

必要に応じて、ライブラリをArduino IDEに追加する。

詳しくは、こちら

Ardunoへのプログラム書き込み

プログラムをArduinoへ書き込む。
エラーがでたら、プログラムのコードを見直す。

具体的なやり方

BlocklyDuino Editorでのファイル保存

1. まず、保存先となるフォルダを選択するダイアログが表示される。

2. その後、ファイル名を入力するためのダイアログが表示される。

3. ファイルが保存できると、指定したフォルダの中にArduinoが取り扱うinoファイルとBlocklyDuinoのxmlファイルが保存される。

Arduino IDEの外部エディタ機能の有効化

1. Arduino IDEの設定画面を開く。

2. 外部エディタ機能にチェックを入れる。

3. 外部エディタ機能が有効になると、エディタ部分がグレーになり、編集できなくなる。

ライブラリの追加

1. Arduino IDEのライブラリ管理を開く。

2. 必要なライブラリを検索する。

3. 必要なライブラリが見つかれば、インストールする。

4. ちゃんとインストールできると、下のように表示される。